飲食店開業!不動産屋で貸し店舗を探す1 - 飲食店開業!個人経営の小さなお店の始め方ブログ

★★★  お知らせ  ★★★

 当ブログは引越をしました

10秒後に自動的に転送されますが、転送されない場合はhttp://kai-gyou.comヘアクセスしてください

 これからもよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

飲食店開業!不動産屋で貸し店舗を探す1

 個人経営の飲食店で独立するために、国民生活金融公庫での融資についてみてきました。

 国民生活金融公庫いわゆる『国庫(こっこ)』は、現在、『日本政策金融公庫の国民生活事業部』(旧国民生活金融公庫)という名前になりました。 →詳しくはこちら


 今回は、国庫と並行して進めていかなければならない、不動産貸し店舗の話です。

 飲食店を始めるには、店舗はどうしても必要なものです。ただ、その形はいくつかあります。

 自宅の一部改装、車を改造して移動店舗、お店を建てる、そして店舗を借りる・・・”お店を建てる”は、繁華街で考えている方はリアリティがありませんが、田舎で始めようと言う方は一度考えてみるといいかもしれません。

 田舎だと、月々支払う貸店舗の家賃以下の金額でローンが組めたりします。(私自身、検討しなかったことを後悔しています。)

 私は普通に貸し店舗を借りて飲食店をしているので、それについて書いていきます。

 まず、自分が借りたい店舗についてきちんとイメージします。

 まずは店舗の場所です。前にもちょっと書きましたが、自分が飲食店をやりたい場所は
 繁華街なのか、住宅街なのか、オフィス街?郊外?それとも地元?

 そして、その場所は駅から近いのか?公園などが近くにあるのか?大きな団地などがあるのか?競合店となるお店が近くにあるか?主要道路に面しているか?

 という感じで、自分の飲食店のイメージに近い場所を絞っていきます。

 よく”飲食店は場所だ”ということを言います。たくさんの人が言うのでおそらくそうなんだと私も思います。

 が、場所ということで言えば私の店は、最寄の駅まで、車で15分、店舗近くのバス停のバスは1時間に一本、道路に面していないどころか、道から全く見えません。

 でも、ちゃんとやっていけています。

 もちろん場所、店舗物件はすごく大事です。こればっかりは一度決めてしまったら、おいそれとは動かせませんから・・・。決めるときは慎重に決めたいところですね。

 ただ、一般的に"良い"とされている条件が、個人経営の飲食店の場合には必ずしも当てはまる、というわけではないと思います。
 それに一般的に"良い"とされている条件を満たす、店舗物件は家賃もそれなりにしますから・・・。


 で、次に、店舗の広さです。自分の始めたい飲食店のイメージによって必要な広さが変わってくると思います。

 不動産屋で使われている広さを表す単位は2つあります。

 ”u(平米)”と””ですね。

 1uはもちろん1m×1mです。
 1坪は1.8m×1.8mです。たたみ2畳分の広さですね。

 1坪を平米に直すと約3.3uとなります。

 私は50〜60平米=約15〜18坪を目安に店舗物件を探していました。

 ”こんな場所で始めたい!”と"このくらいの広さは欲しい"をしっかりイメージできたら、今度は始めたい具体的な場所の家賃相場を調べます。

 私は、飲食店を”ここでやりたい!”という具体的な場所が決まってなかったので、休みのたびにあっちの町こっちの町と出かけて行き、とにかく歩きました。

 その町の不動産屋の前の張ってある貸し店舗のチラシを見て回って、なんとなくの相場をつかみました。

 知っている土地で飲食店を始める、もしくは具体的な場所がすでに決まっているのであれば、その土地の不動産屋に入ってどんどん物件を見てみましょう。

 気に入った物件を見つけるには、時間が掛かります、根気よく物件を探し続けましょう。さっきも書きましたが、店舗物件は一度決めて、飲食店を始めてしまったら、そうそう動けません。

 店舗物件を決める前に、後悔しないためにももう少しチェックしたいところがあります。次回ほその辺について・・・。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Infomation

access

人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 飲食店・宿泊業へ
Copyright © 飲食店開業!個人経営の小さなお店の始め方ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。